公的機関でお金を借りる方法とは

どうしてもお金が必要といった場合に民間の金融機関を利用して借りるという方法の他にも公的機関の支援制度を利用するという選択肢もあります。公的機関というのは行政機関のことでその中には区役所や市役所などの自治体と公庫の2種類です。

 

自治体の場合には、さまざまな支援制度を設けており、その自治体にしかないものもありますが一番有名なのは総合支援資金貸付があります。この制度は失業や病気などにより収入がなく貯蓄もないような場合に当面のお金を貸し付けてくれる制度です。もし失業してしまって困った場合には民間の金融機関からお金を借りるよりもはるかな低金利で貸し付けてくれますが、生活を支援するという性質上遊興費といったものに使うことはできません。これらは自治体が直接貸し付けるのではなく社会福祉協議会を通じて貸付が行われるものです。

 

一方で公庫の場合には住宅ローンや事業を行うための資金などを貸し付けてくれるところで、銀行に近い性質のあるものです。当面の生活費を借りるといったことはできませんが、銀行でも融資審査が難しい事業資金を借りることが出来ます。

 

いずれの公的機関も金利は民間金融機関よりも低く抑えられていますが、緊急的な生活支援貸付を除けば融資決定までに一定の時間がかかります。