年金受給者でも借りれるキャッシング

年金受給者の利用できるキャッシングを扱っている金融機関は確かに数多くあります。ただし条件がとして年齢による制限や審査が厳しくなる傾向があることは確かです。例えば年齢においては、60歳から69歳までに制限しており、銀行カード系のキャッシングは、65歳未満の受給者としており安定した収入があることとしているところが多いです。消費者金融系のキャッシングは、69歳未満の受給者としているところが多く、年金のみの収入の方はお断りしているようです。傾向として、年金のみで他に収入のない方のキャッシングは厳しいというのが実情です。

 

ただし、年金以外の収入が安定的に得られる方は、審査においても一般のキャッシング利用者の方のように月々の支払いに対する返済比率が算出されますので借入には有利になります。

 

年金以外に、個人事業主として収入があれば課税証明を審査資料として求めることなどで審査をしている金融機関が多いのが実情です。60歳以後も何か仕事をされている方は、前年の収入に基づいて源泉徴収票の金額を年金収入に加算して記入することで審査を受けることができます。審査にあたって、年金の支払通知書や他の収入に関する資料提出を求められることが多いので準備しておきましょう。