外国人や夜職の人でも借りれるキャッシング

夜職や外国籍の人でも安定した収入があり、きちんとした実績があればキャッシングを利用出来ます。水商売などの夜職の人の場合は消費者金融のカードローンを利用するのがお勧め。特に大手消費者金融のキャッシングサービスを利用するとよいでしょう。

 

大手金融のキャッシングサービスの場合、顧客への対応が柔軟で夜働いている人でも相談しやすい環境になっています。

 

外国籍の人の場合、外国人だからという理由で申込みが出来ないということはなく、勤務先、勤続年数、雇用形態や年収などは日本人と同じように審査されます。銀行での申込みには在留カードや特別永住者証明書などが必要ですが、必要書類は銀行によって異なります。

 

消費者金融よりも銀行の方が審査が厳しくなるため、銀行の審査に落ちた場合は消費者金融の方に相談してみるとよいでしょう。消費者金融での申込時も在留カードや特別永住者証明書などが必要で、パスポートや運転免許証、在留カードも一緒に持参すると申し込みがスムーズに行きます。

 

安定した収入があり、必要書類を用意出来れば審査に通る可能性が高いので、1社受けてみてダメだったとしても、他の会社なら審査が通る可能性がありますので2〜3社受けてみるのがお勧め。

 

夜職や外国籍の人でもきちんとした収入があれば利用可能なので、まずは相談に行ってみましょう。