銀行でお金を借りる

銀行系カードローンでは来店せずに口座なしでもお金を借りられて、銀行はもちろんコンビニのATMも利用できます。

 

カードは送付場所を指定できたりローン用と気付かれないように送られたりするので他人に知られず受け取れます。金利が安く借入限度額も高いので利息を減らすためにローンを一ヵ所にまとめたりまとまった金額を借りたりするのに便利です。

 

銀行系カードローンはCMが多くお金を借りる選択肢としてはおなじみです。これがゆうちょ銀行だと財形関連の定額貯金を担保に最高300万円最長2年間借りる場合と、総合口座で管理されて定額や定期で利用される貯金を担保に預け入れ90%の金額で最長満期日まで借りる場合があり、来店するにしても郵便局はとても多く安心して利用できます。

 

農協からは生活資金限定ですが自由な使い道で農業以外の方でもお金を借りられて、各農協毎の利息で最高300万円最長約2年間利用できます。ただし審査に日数がかかり即日融資が受けられず、一定の勤続年数を求められる場合があり、審査は厳しく高年収を求められることもあり、収入証明書等書類の用意が必要です。厳しい条件はありますが金融機関としては機能的に安定して安心感があるのが魅力です。

 

消費者金融でお金を借りる

生活費というのは、収入の範囲内できちんとやり繰りする事が当たり前です。ですが日々の暮らしの中で、ついつい買い物し過ぎたり飲みに行ったりして使い過ぎてしまう事があります。その結果、生活費が不足したら何らかの方法で穴埋めしなければなりません。

 

以前までは家族や友人にお金を借りて、ピンチを乗り切る人が多くいました。所が幾ら親しい間柄でも、借金の申込みはかなり気まずいです。なので最近では家族や友人ではなく、消費者金融にお金を借り入れする人が少なくありません。

 

もっとも消費者金融からお金を借りる事に対し、ダーティーなイメージを持つ人は珍しくないです。確かにかつては不当に高い利息を要求したり、強引な取り立てを行う様な悪質な消費者金融はそれなりに多くいました。それも今や昔の話で、銀行のグループに属する様な大手の消費者金融であれば手軽かつ安心してお金を借りる事が可能です。中堅の消費者金融でも、インターネットで評判を見れば良し悪しの判断をする事が出来ます。

 

ただし厄介なのは、ネット上にろくに情報が出て来ない様な中小の消費者金融です。そういった情報が少ない消費者金融は、昔ながらの闇金の様に不当に高い利息を要求する可能性があります。なのでお金を借りる際には、情報がろくにない様な中小の消費者金融は避けるべきです。